ストーリー・コピーの要点

あなたもセールスコピーにおいて
ストーリーが多用されていることをご存知でしょう。

また、何度もストーリー・コピーを
書いたことがあるのではないでしょうか?

よくできたストーリーは読んでもらえますからね。

例えば、先週、ご紹介した「ピアノ・コピー」や
ウォール・ストリート・ジャーナルの「二人の男」
あるいは「崖っぷちの主婦」とか。

ストーリー・コピーに決まった型はありません。

「習うより慣れろ」ではないですが
たくさんのストーリー・コピーを読むのが
良いのではないかと思います。

そこで今回は
ジョン・ケープルズの書いた
ストーリー・コピーを紹介して

ストーリー・コピーの要点について
解説いたします。

今回もジョン・ケープルズ本人が書いた
『ものいう広告』ダイヤモンド社
からのご紹介です。

では、どうぞ!

 

いかがでしたでしょうか?

あなたのセールスライティングの参考になれば幸いです。

いつも、ありがとうございます。

米野敏博

PS:
JMWAはセールスライター業界の発展のために、
セールスライターの地位向上を目指しています。

メルマガを登録していただけると
他では手に入らない
「売れるキャッチコピーはどっち?」
を無料で入手できます!

メルマガ登録はコチラ