お客さんの悩みを調べるには…

オープニングのコピーでよく使われる型として
「あなたは、こんなことで悩んでいませんか?」
というのがありますね。

悩みではなくて、疑問とか、苦労とかでも同じですが
この一文だけで興味を引きます。

次を読んでもらえます。

が…
それで安心していてはダメです!

なぜなら…

その後に書かれた内容が重要だからです。

注意していないと、ありきたりの内容になってしまいます。

極端な例が

体重を気にしているとか、お腹周りの肉が気になる
薄毛、シミ、学校の成績、自分の時間がないとか。

上げ出したらキリがありません。

間違いではないですが
あまりにも漠然としていて
コンビニや薬局で見かけそうな内容です。

お腹の脂肪を取るサプリが欲しいと思って
薬局に買いに行く人向けなら
まあ、それでも良いかもしれません。

(実際には競合が多すぎて
それだけではダメでしょうが…)

でも、私たちが相手にしているのは
つい先ほどまで全く別のことを考えていた
もしくは、何も考えていない人たちです。

そんな人に、どこにでもありそうな内容の話をしても
興味を引いて読み続けてもらうことはできません。

だから、ターゲットが持つ
超具体的な問題や悩み、願望にする必要があります。

そのためには、ターゲットのリサーチが必要なんですが
私たちセールスライターの多くは

クライアントさんのお客さんのインタビューなんか
そうそうできません。

クライアントさん自身も
お客さんの具体的な問題や悩みを
理解していない場合もあります。

そんな時、具体的な問題や悩みを調べる一つの方法が
お客さんの声を調べることです。

それを調べる先は
同じ商品・サービスを扱っている直接競合だけでなく
類似の問題や悩みを解決する商品・サービスを扱う間接競合です。

お客さんの声の中でも
Before-Afterが書かれたものを探します。

もちろん欲しいのはBeforeですね ^^

Afterはズバリ同じでなくても良い場合があります。

というか、
「なるほど、そういうベネフィットもあるんだ」
と気づかされることもあります。

Before-Afterが書きづらくなっていて
リサーチしにくいジャンルもありますが
少し幅広くとってリサーチしてみてください。

思いがけない情報が手に入るかもしれませんよ。

いつも、ありがとうございます。

米野敏博

PS:
JMWAはセールスライター業界の発展のために、
セールスライターの地位向上を目指しています。

メルマガを登録していただけると
他では手に入らない
「売れるキャッチコピーはどっち?」
を無料で入手できます!

メルマガ登録はコチラ