セールスライターと料理人の濃い関係

From 成澤将士

僕は今でこそセールスライター、
マーケッターとして活動してるけど、
もともとは和食の料理人だった。

だからかもしれないけど、
「セールスライティングと料理は似ている」
こんな風に思うことが良くある。

料理って、いくら良い腕があっても、
必要な材料が無ければ、絶対に作れない。

カレー粉がなければ、カレーは作れない。

ちなみに僕はカレーの肉は鶏肉派。

つまり、材料があるのは最低限。
そして、材料の良し悪しを見極めたり
良い材料を仕入れてくるのが
良い料理人の必須条件。

それがあって、はじめて鍛えた腕をふるえる。

セールスライティングも同じ。

書ける材料をどれだけ集められるか、
その中からどれだけ上質なものを選べるか、
つまり「リサーチ」が重要。

商品の情報も
顧客の感情も
競合の情報も

他のいろんな要素も、
全てはライティングという料理に
必要不可欠な材料。

この材料をしっかり揃えないと、
いざライティングを始めても、
絶対に途中で手が止まる。

具材を炒めてカレー粉投入!
って思ったら、
カレー粉がなくてフリーズ。

まさにこの状態になる。

だから、売れるレターを書くための
秘訣があるとしたら、

それは「リサーチ」という
地味な作業をいかに真面目にやれるか?

これに尽きると思う。

そして、この「リサーチ」で
材料の特性を理解して
いかに美味しく調理するか?

ここが、レターのテクニカルの部分。

一流の料理人は、目の前に材料があれば、
今までの経験で何を作ったら一番美味しいか、
とっさに判断できる。

そして出来上がりの味まで想像できる。

実際に、調理中に一度も味見しなくても
出来上がると想像通りの味がする。

セールスライティングも同じ。

「書くための材料」が集まれば、
おのずと、書き方のイメージは決まってくる。

もし、ライティングで筆が止まるなら、
書く前の準備が足りてないのかもしれない。

もしあなたが、

良いレターを書きたいなら、
クライアントに喜んで欲しいなら、
高単価ライターになりたいなら、

技術を磨くのと同時に、
材料集めにこだわってみてほしい。

きっとそれが、
一番の近道だと思うから。

そして、「すぐに書けないの?」
なんてクライアント候補に言われたら、

その時は、ぜひこの料理の例え話を使って、
良いレターには時間がかかる。

ということを、ちゃんと説明してあげましょう。

PS:
あなたも質問や疑問があれば何でも聞いてください!
どんな質問でも大歓迎です^^

↓↓ 質問はこちらから ↓↓
info@jmwa.org