これは無意味な練習だ

from: 藤村紀和

 

いつも読んでくださって有難うございます(_ _)
そんなあなた、セールスライティングのほかに
何か習い事やお稽古してることありませんか?

 

僕はこう見えて(どう見えるんだろう)、
今キックボクシングのジムに通っています。
プロになろうとか突き詰めてませんが
臆病者なので強くなりたいと思って
週に2回通ってます。

 

で、、当然なのですが、
練習は辛いんです。。
基本練習をした後のフリー対戦、
全然当たりません….

 

それは、無意味な練習をしてたからです。
今回の話はレター技術をアップする、
効果的な練習にも繋がるものですよ。

 

 

何がいけなかったかと言うと、

なーーんも考えずに、
ただ言われたとおりのことを
ただ繰り返すだけだったから。

 

よく、師匠の言うとおりにしなさい、
守破離の「守」を徹底的にやろう、
そういいますよね。

 

でもこれって、
半分当たりで半分間違いだと思います。

 

 

なぜなら、、、
考えずに繰り返しても、
何も身につかないから。

 

ボクシングの場合はかろうじて、
いいフォームなら何千回何万回と
型を繰り返して身体に染み込ませ、
無意識に動く形をつくることは
あるでしょう。

 

でもそれではまず、続かない!
だって、単調ですぐ飽きるんだもん。

 

 

よくレターでも
『写経』というやつがありますよね。

 

ライティング学び始めのとき、
「写経がいい」と聞いたので、
まず1週間くらいやってました。

 

でも続きませんでした。
やる意味を見出せなくなったのです。
上達してるのかどうかも分からない。

 

 

 

そもそもレターの構成とか、
誰向けに書いているかとか、
感情の動かし方とか、
そういう部分が分からない状態で
単調に写経するのはただ辛い…

 

書き終わったかどうかだけが
判定基準なので、身に付きづらいですね。

 

なので、
・誰向けに書いているのか
・どんな悩みに訴求しているか
・どんな感情からどんな感情へスイッチさせようとしているか

等など、こうした目線をまずもって、
そこから写経することをオススメしたいと思います。
ストーリーボードを描けるようになってからやると、
効果は劇的に上がるでしょう。

 

 

 

でね、またそこが分かって写経すると、
たーのしいんですね!^.^

 

キックボクシングの練習も
小さなひとつテーマを決めて
練習するようになりました。
先生にもアドバイスを仰ぎました。

 

行くのいつも憂鬱なんですけど、、、
終ったあとの達成感はUPしましたよ。

 

写経も一緒です。
何かひとつテーマ設定掲げて、
感情とか、ストーリーの展開とか、
掲げてやってみてくださいね。

 

せっかくやるなら、
効果的にしたいですもんね!