めちゃめちゃ生産性が上がった意外な方法

From:昌子 幹

「なんか、昔と比べて
集中力が落ちてきたような…」

最近、歳を取ったせいか
そう思うことが増えてきました。

以前なら、4、5時間
ぶっ続けでライティングしてても
集中力が途切れることはなく、

結果として生産性も
結構高かった(気がする)のですが、

最近はパソコンに向かって
1時間もすると
集中力が切れてくるのです。

それだけならまだしも、
なんかやたらと眠くなるし
肩は凝るし腰は痛くなるしで

「もはや引退した方がいいのか?」
と思うこともしばしば。

もちろん、まだ引退する気はなく
それどころか仕事は増える一方。

「どうしたもんかな…」

と考えながら別の調べ物のために
ネットを検索していたら、ふと
「長時間座って仕事をしている人は
死亡リスクが高くなる」
みたいな記事が目に飛び込んできました。

どうも、ずっと座っていると
下半身の血行が悪くなって
体に悪影響を及ぼすようです。

血行が悪くなれば、当然
集中力だって落ちてきます。

「なので、できるだけ歩いたりしましょう」

という感じでその記事は結ばれていたのですが、
ここでふと思いつきました。

「だったら、そもそも
立ってやればいいんじゃね?」

そう思って、部屋の隅にあった
カラーボックスをデスクの上に載せ
さらにその上にパソコンを置いて
仕事をしてみることにしました。

すると、、、

仕事がはかどるわ、はかどるわ。

正直に言って、その効果は
僕の想像をはるかに超えていました。

きちんと計測したわけではないので
わからないんですが、体感的にはおそらく
1.5倍くらいは生産性が上がったと思います。

それどころか、なぜか
いいアイデアがどんどん
出てくるではありませんか。

「うほーーー!なんじゃこりゃ!!」

休みたくなるどころか
逆に仕事を止めたくないくらいです。

でも、立って仕事をするメリットは
それだけではありません。

そもそも、立ってやっているので
昼食後でも全然眠くならないのです。

姿勢が良くなるので
肩こりや腰痛からも解放されました。

運動不足だって多少は
解消されているでしょう。

デメリットとしては
足が疲れることですが、

それさえも集中力アップには
一役買っている気がします。

あと、まだやってないですが
33分サイクル(33分仕事して5分休憩)
と組み合わせると
足が疲れることもなく
さらに生産性が上がるかもしれません。

いずれにせよ、、、

立って仕事をするようになって
かれこれ2週間。

僕は確信しました。

集中力アップだけでなく
生産性を高めるための
あらゆる側面において
これ以上に
素晴らしい方法はない、、、と。

後で知ったんですが
立って仕事をする専用の机
「スタンディングデスク」
なるものが世の中には存在するようで、

GoogleやFacebookなどの
海外企業をはじめ

国内でも三菱商事や楽天など
スタンディングデスクを
取り入れている企業は
どんどん増えているそうです。

そういえば、D出版にも
あったような気がします。

まあ、でも、わざわざ
専用のスタンディングデスクなんて
買う必要はありません。

机の上に箱か何か置けば
それで事足りる話です。

きっと、これを読んでいる読者の中にも
在宅のデスクワークが増えたことで
僕と同じような悩みを持っている人が
少なからずいると思います。

もしあなたもそうなら
騙されたと思って
ぜひ一度試してみてください。

それでは、また。

昌子 幹

P.S.
生産性は効率(量)だけではなく
質を上げることも重要。

セールスレターの質を上げたいなら
このワークショップがおすすめです。
↓↓↓
ベネフィット作成ワークショップ

仕事を依頼されるライターになりたい人へ
「稼ぐ」スキルを身につけるJMWAオンラインスクール