ついつい騙されてしまう、この理論は…

From: 藤村 紀和

メルマガであなたの広報後方支援。

こんな思いで本日もまいります。
JMWAの藤村紀和です。

 

 

人は常に比較をして、
生きている生き物です…。
これは育っていく中で自我が出来上がり、
周りとの比較によって自我を認識する…
なんて側面があります。

「これがいい!」って、
一点指名購入となれば別ですが
通常は商品やサービスを選ぶとき、
なにかと「比較」をしています。

あなたもネットで検索しながら、
「こっちがこう、あっちはこう…」
と比較しませんか?

 

 

 

僕はたくさん比較します。
価格、機能、口コミなどなど。

そこでイメージと違っていたり、
聞いている評判と違っていると
購入が止まります。

 

 

 

では購入が進むようにするには、
どうすると効果的でしょう??

それにもやはり、
この比較効果を使います。
しかも、”効果的な”比較効果です。

それには読み手の
「この商品、良いなぁ」
という欲求を、
増幅させることが大事です。

 

 

そう、増幅の幅を大きく持たせる。

なぜなら、幅があるほど比較差ができて、効果が高まるからです。
しかも文章で表せば、
お金がかかりませんよ。

 

 

具体的に言えば、
走行距離10万キロを超え、
毎日50~60km乗っている車の、
車検。

やっぱり気になるわけですよ。
「いつ壊れるだろうか…」
「事故になったりしたらマズイ…」

こうした危惧する不安があります。
だから車検のときにもし、
「ここ、替えておいたほうがいいですねー」
と言われると、1~2万円くらいなら投入してしまう。
壊れたらこんなことが起きて、面倒ですよ?と。

 

 

 

先日も新幹線の自由席車両を
一番で待っていた時も、
自分の心に振り幅が起きたのです!

列の先頭についていました。
真横に人が並んだんです。
「なぜ後ろに並ばんのか!?」
と隣りを見たら、、、

身長190センチほど、巨漢。
ダブルのスーツにハゲ坊主頭。

「あぁ…そういうお方ですわね…」

そして新幹線が来る、停車する…
扉が開く!!

隣りの男性は、
「どうぞ」
と手を出して頭を下げる。

おぅ…良い人じゃないか…
って思ってしまいました…

 

 

 

要するに、
振り幅ををつけることです。

一旦下げて、上げてみる。
褒める時だって
褒めておいて落とすより、
叱ってから
「でもここは素晴らしい!」
と言ってあげた方が良い余韻が残ります。

ほら、目つきが鋭く髪型が大変特徴的な、
ひと目で「こいつヤベーな…」
ってヤンチャそうな若い衆が、

明るく「おはようございます!」

って挨拶したり、
チワワを抱いて散歩していたら、
「実は優しいアンちゃんでは?!」
なんて思うわけです(笑)

 

 

 

せっかくお金を出すのだから、
失敗したくない!と思うのが人間ですもんね。

だから、「それなら使おう」と
思って貰える前提を置くと、
良い比較をしてもらえやすくなりますよ!

 

 

追伸)
JMWAはセールスライター業界の発展、そしてセールスライターの地位向上を目指しています。

お知り合いのセールスライターにJMWAのメルマガをご紹介頂けると嬉しいです。

↓こちらをどうぞ!
https://jmwa.org/