セールスレターの編集って、何をやれば良いの?

from 成澤将士

 

セールスレターを作る工程は、「リサーチ」⇒「ライティング」⇒「編集」と一連の流れがあることは周知の事実。

今日は、この中であまり触れられない「編集」について話そうと思う。

 

僕はここ数年、講座や個別コーチングとかで毎月10本以上のセールスレターのレビューをし続けてるんだけど、あまり上手でない人は共通して「編集が下手」だということを感じている。

 

中には、レビュー当日にライティングして全く編集もしないまま提出してくる場合もあるし、そうじゃなくても編集作業って結構軽く見られがちだなぁって思うことが多い。

 

そんな脇役ポジションの編集だけど、じつはこの編集次第で「レターの質」が決まってしまうと言っても過言ではない。

 

ライティングがあまり上手じゃない人って、「ライティングスキルが無い」んじゃなくて「編集スキルが無い」ことが原因なんじゃないかとすら思う。

 

もうね、本当に大事なんですよ、編集って。

事実、僕はライティングにかける時間と同じか、それ以上の時間を編集に費やしている。

 

どこまで韻を踏むかとか、同じ語尾が続かないように文章を変えたり、それに合わせて接続詞もいじったり、、、

 

言い始めるとキリがないのでこの辺で止めるけど、とにかく編集はとっても大事。

 

 

じゃあ、編集って具体的に何をどうやれば良いのか?

ということで、今回は編集についてお話しします。(動画は約20分です)

ちょっとしたセミナーみたいになっているので、ぜひ参考にしてみてください。