放置プレーの末に…

From:昌子 幹

僕が独立して間もない頃に作ったLPで
かれこれ3年近く反応が
取れているものがあったんですが、

急激に反応が落ちてきたらしく
「なんとかしたい」という相談を
先日クライアントからもらいました。

さすがにそろそろ
LPを変える必要があるかな?
と思ったんですが、結局、LPの修正は
すぐにはしないことにしました。

というのも、、、

もし、反応が落ちた原因が広告疲労なら
急激に反応が落ちるとは
ちょっと考えにくかったんですね。

何か他に理由があると思われたんですが
それが何かはわからないので
とりあえず様子を見ることに。

一方で、この際、きちんとファネルを
組み立てることを提案しました。

というのも、このLP
広告→LP→説明会→講座受講
というとてもシンプルなファネル。

しかも、恐るべきことに、
講座以外のバックエンド商品どころか
説明会参加者へのステップメールすらも
設置していなかったのです。

いや、ちゃんとファネルを作りたいな
とは思ってたんですよ。

ところが、予想以上にLPの反応が良くて
そのクライアントも
それで十分な売上が立つし、忙しいしで
結局、何も提案せずにそのまま
放置してしまっていたのです。

逆に言えば、
まだまだやれることが
山ほどあるわけです。

既存の商品を補強するような
ミドル商品やバックエンド商品を作って
既存客へ紹介すれば
それだけでも失った売上を
ある程度カバーできるし、

しっかりファネルを作って
CVやLTVを改善しておけば
新規客が戻ってきた時には
売上はより大きくなり
安定もするはずです。

というわけで、
まずは新たなサブスク商品を作って
それを既存客に紹介していくことになり、

そのために必要な
メールやらレターやらの作成を
請け負うことになりました。

まあ、それはそれでいいのですが、
やっぱり、もっと早く提案して
やっておけばよかったなと
つくづく思います。

率直に言って、
一度作ったセールスレターが
ずーっと売れ続けることなんてありません。

どこかで必ず反応は落ちます。

だからこそ重要なのは
最初からしっかりファネルを作って
改善していくことです。

ただ、最初から壮大なファネルを提案しても
おそらく受け入れてもらいにくいと思うので

まずは小さなファネルを作り
それがうまくいったら
そのタイミングで更なる改善策を
提案するのが一番スムーズかなと思います。

いずれにしても、
僕のような放置ブレーだけは
しないようにしましょう。

それでは、また。

昌子 幹

仕事を依頼されるライターになりたい人へ
「稼ぐ」スキルを身につけるJMWAオンラインスクール