売れっ子ライターが最も重視するスキル

From:昌子 幹

半年くらい前でしょうか。
僕の仕事場があるマンションの向かいで
工事が始まりました。

どうやら、新しいマンションが
建つようです。

休憩がてらベランダからちょくちょく
その作業を眺めていたのですが、
僕の目には最初の数ヶ月間は一向に
工事が進んでいるように見えませんでした。

なんだか、土を掘り返しては埋め
掘り返しては埋める作業を
延々と繰り返しているのです。

「そんなことに時間かけてないで
とっとと建てればいいのに」

素人の僕は浅はかにも
そう思っていました。

ところが、ようやくマンションの
基礎が出来上がったと思ったら
そこからはあっという間でした。

あれよあれよという間に
どんどん建物が形になっていくのです。

そのスピードに驚くとともに僕は
「コピーと同じだな」
と思わずにはいられませんでした。

というのも、
セールスコピーライティングにも
「土台に当たるスキル」があります。

で、当然のことながら
この土台となるスキルがゆるゆるだと

どんなにスワイプファイルを
キレイにパクっても
売れるセールスレターを
作ることはできませんし、

このスキルがないセールスコピーライターは
ラッキーパンチで偶然うまくいくことはあっても
それが長く続くことはありません。

幸いにも僕は、
コピーを学び始めた頃に
その重要性を嫌というほど
思い知らされました。

だからこそ僕は
このスキルを磨くためのトレーニングに
何よりも多くの時間を割いてきましたし、

今でもセールスレターを書くときは
このスキルを使った作業に最も多くの
時間と労力をかけています。

ぶっちゃけ、このスキルを磨く
トレーニングは面倒だし、

このスキルを使った作業は
セールスレターを作る全プロセスの中でも
最もしんどい作業です。

ただ、それだけの価値は
十分にあります。

このスキルが
しっかり身についていれば

魅力的なコンセプトやヘッドライン、
ブレットを作るのは訳もありませんし、
短時間で一気にレターを
仕上げることもできます。

当然、売れる確率も高くなります。

逆に言えば、
このスキルが身についていなければ
コンセプトの作り方や
ヘッドラインやブレットの書き方など
テクニックをどんなに学んだところで、
ほぼほぼ意味がないのです。

なぜなら、このスキルが
全ての土台になるからです。

では、そのスキルとは何か?
どうすれば、そのスキルを
身につけることができるか?

もしあなたが、その答えに興味があるなら、
こちらのビデオをぜひチェックしてみてください。
↓↓↓
ライターの二極化問題について

それでは、また。

昌子 幹

仕事を依頼されるライターになりたい人へ
「稼ぐ」スキルを身につけるJMWAオンラインスクール