ライティングにスピードって必要?


from 成澤将士

セールスライターを目指している人に

良く聞かれる質問の1つに、

「ライティングのスピードを上げたい」

というものがある。

 

 

セールスレターを完成させる

スピードが遅いと悩んでいた質問者。

 

 

でも話を聞いてみると、そんなに遅くない。

というか、僕より早いよ!

 

 

スピードを上げる方法としては、

前にメルマガで音声入力の話をしたけど、

それは対症療法的な解決策。

 

でも今日僕が話したいのは、

そもそもなぜ「早く」書きたいのか?

という根本問題。

 

なぜスピードが必要なのか?

それは、月に何本も書かないと稼げないから。

 

 

もっとスピードを上げれば、書ける本数が

増えて、もっと稼げるようになる。

 

 

こう考えている人ほど、

スピードを求めるようになる。

 

 

ちなみに僕も前は同じように思っていた。

 

 

でも、この問題の解決方法は

もう一つある。

 

 

それは、、、

 

 

単価を上げること。

 

 

単価を上げれば、今と同じスピードでも

もっと収入は増えるだろうし、

逆に本数を減らすことだってできる。

 

 

僕はライティングは嫌いじゃないけど、

書くのにものすごくエネルギーを使うので、

毎月1本か2本が限界。

 

 

実際に、一日中ゴルフで外を歩き回るよりも

数時間のライティングの方がお腹が減るし

むっちゃ疲れる。

 

 

それに、成果の出るセールスレターを

書こうと思ったら、どうしたって

リサーチに時間がかかる。

 

 

本数を増やすのは現実的じゃない。

 

 

仮にむっちゃ頑張って書いたレターが

たった2万円にしかならなかったら、

経済的にも精神的にもダメージがデカい。

 

 

だから僕は、ライティングのスピードを

上げることに心血を注ぐよりも、

(早い方が良いに決まってるけどね)

 

 

単価を上げられるように技術を磨いたり、

価値を分かってくれる人を探したり、

知識を高める方向に心血を注いだ。

 

 

 

そして今、その選択は間違っていなかったと

胸を張って言える。

 

 

 

セールスライターを始めると、

自分に足りないものばかりが目に付く。

 

 

やらなきゃいけない事ばかりが増えて、

どんどん余裕がなくなってくる。

 

 

 

でも、そんな時ほど

少し視点を変えてみれば、

違った答えが転がっているもの。

 

 

 

苦手を克服することは大事だと思う。

 

でも、そんなに無理しなくとも、

考え方と使いようによっては、

今持っている武器でも十分に戦える。

 

 

 

望む目的地が一つだとしても、

その道程は一つじゃない。

 

 

自分が歩きやすい道を選んでも

良いんじゃないかな。

 

 

そっちの方が、楽しみながら

目的地を目指せると思わない?

 

 

PS:

あなたも質問や疑問があれば何でも聞いてください!

どんな質問でも大歓迎です^^

↓↓ 質問はこちらから ↓↓

info@jmwa.org