ノウハウのお話

from: 藤村紀和

 

僕は今兼業でライターをしているのですが、
給与所得者とは異なる世界なんかでは
セミナーとか起業塾とか、
売上UPを教えるサロンが多いです。
(あれ、そう思うの僕だけかな??)

 

そういうところでは、
いろんなノウハウを教えてくださいます。

もちろん、
「使う目的」とか
「使い方より在り方」という
部分は大事。

 

課題問題があるから、
解決のための手段(ノウハウ)を
求めます。

 

 

 

もっともお手軽で安価なのは、
「本」です。
しかし本は読む人の想定範囲が大きくて、
最大公約数なノウハウになります。
要するに、抽象度が高い内容。

 

正直僕は、
読んだ本のノウハウを自分に当てはめて
うまくできたことありません(^_^;)

 

だって難しいし、抽象的なんですもの。
つまり、再現性が難しい。

 

 

 

そうです。
僕がノウハウで大事だと思うのは、
この「再現性の高さ」
これだと思ってます。

イコール、具体的であるかどうか。

 

 

 

セールスコピーの世界には
スワイプファイルがあります。
この構成に沿って書いて届ければ
イチから書くよりも
大きな反応が取れるってやつですよね。

 

僕から見ると、
スワイプファイルですら難しかった。

そう、難し”かった”(過去形)。

 

そして、コピーを書くための
上流工程でもある、
マーケティングの組み方もそうでした。
ただ書けるだけじゃ通用しなかった。

 

 

 

だから、実際試して、
どんな場面や背景で書かれたのか?
どんなケースのときに、
どのスワイプファイルを使うか?
そもそも使うのは
スワイプファイルなのか?

 

こうした超絶具体的な場面をもとに
セールスライターが活動できるための
場が本当にありがたかったです。
だから続けられているんじゃないかって、思います。

 

一般企業ではフツーにやってることですが、
あるとないでは大違いです。
なのでこちら、お勧めします。

JMWAライター養成講座 体験会&説明会

代表理事の成澤始め、
具体的な場面でどうすればいいか
ほぼ応えられます。
僕は具体的な状況を伝えて、
答えられなかった内容はなかったですよ。

 

客観的なプロからの目線、
なるほどな事が数多く見つかりますから!